主題歌はback number

ルドルフとイッパイアッテナの主題歌は、back number の「黒い猫の歌」!!

大好きな飼い主と突然はなればなれになってしまった黒ネコのルドルフ。迷い込んだ長距離トラックで辿り着いた先は、大都会・東京でした。

そこで出会ったのは町で最も恐れられている大きなボス猫・イッパイアッテナ。ルドルフは故郷へ帰ることもできずイッパイアッテナとともにノラ猫として生きていくことになります。

なんと、イッパイアッテナには思いもよらないヒミツがあったのです・・・

ルドルフとイッパイアッテナは不朽の名作ということもあって、原作・映画ノベライズ版ともに読者を惹きつけるものがあります。ストーリーが秀逸なルドルフとイッパイアッテナですが、それをさらに感動的に印象付けるものは?

そう、主題歌です。

ルドルフとイッパイアッテナの主題歌はback number が担当します!

2016-06-29_162349

歌詞には、ルドルフという名前も黒ネコという言葉も入っていません。ただ、そのメロディーからは映画と相まって感動を伝えてくれることが想像できます。

主題歌の題名は『黒い猫の歌』!


大昔に「黒ネコのタンゴ」なんて曲が流行りましたが、全く違います。ま、黒ネコのタンゴも「大人のための子供の歌」として売り出され、230万枚のミリオンセラーとなった歌ですが、やはり子ども向けの感を払拭できません。ナツメロ番組で聞いたことがあるかもしれませんね。

でもルドルフとイッパイアッテナの『黒い猫の歌』は壮大なコンセプトのもとに作られています。

作詞作曲の清水依与吏いわく・・

歌詞に猫という言葉は入っていませんが、旅をする生き物の代名詞としてタイトルに入れました。「黒」という色をキーワードに、いろんな人に影響を受けて切磋琢磨したり色々探し続けていって、最終的にたどり着く場所っていうのは、「そうだそうだ最初からそうだった」と僕自身気づかされる事が多いので、どの角度からがんばっている人も肯定できるものにできたんじゃないかなと思ってます。

引用:OK Musicより

映画館で感涙にむせぶ予感がします!

2016-07-12_145222

主題歌の出来栄えはスケール壮大ですね。ハンカチ1枚だけではあふれる涙を拭いきれないかもしれません・・

-主題歌はback number